Docker にマウントしたディレクトリに作られる root 所有ディレクトリ対策

Docker コンテナーにディレクトリをマウントして何か作業をすると、root 所有のディレクトリが作られてしまうことがある。

そのようなディレクトリが作られても簡単に削除できるようにするのに、あらかじめ次のコマンドを実行してディレクトリに ACL を設定しておく方法が使える。

find . -type d -exec setfacl -m d:u:${USER}:rwx {} \;

Azure Functions で Docker Hub 自動タグ付けに挑戦中

docker pull しなくてもタグ付けができるのではないかと考えて、自動タグ付け機能を Azure Functions で実現しようとしています。

ウェブフックで API を呼び出そうとするとコールド スタートでタイムアウトしそうなことが判明して、キューを介した非同期処理にすることで回避しましたが、API の呼び出しはまだこれからといったところ。このまま無事完成するのでしょうか。

https://bitbucket.org/linuxfront/functions-azure

Azure Functions のコールド スタートが遅い

Azure Functions でウェブフックを立てようとしていますが、コールド スタートに時間がかかっているようなので対策を検討しています。一度キューに突っ込んで非同期化すれば良さそうですが、キューに入れるだけでも Functions を使うと解決しそうもないのですよね。

キューに入れるところは Microsoft Flow に持って行くとかでしょうか。

https://github.com/Azure/Azure-Functions/issues/131